ゲーム開発キット「Unity」「Cocos2d-x」で開発された アプリの効果測定用SDKの提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

ADMAGEユニット所属の新人の別所です。

この度弊社のサービス『ADMAGE』がアプリ用効果測定SDK(*1)において、
「Unity(*2)」「Cocos2d-x(*3)」環境で開発しているアプリでの
通常成果、LTV成果測定(*4)にも対応いたしました!

以下詳細になります。

top6

【リリース内容】

  • Unity対応SDK
  • Cocos2d-x対応SDK

【Unity、Cocos2d-x対応について】

弊社では、iOS/Android対応のアプリ用効果測定SDKを提供しています。
この効果測定SDKを組み込むことで、アプリ初回起動の成果計測、「商品購入、アプリ内課金、チュートリアル完了」等のイベント別のLTV成果測定、「起 動数、PV」等の情報を用いたリテンション(残存率)分析が可能です。この度、上記SDKに加え、「Unity」「cocos2d-x」環境での開発アプ リにて組み込み可能なSDKの提供を開始いたします。

(*1)アプリ用効果測定SDK(Software Development Kit )
アプリ内効果測定を行うための開発キット

(*2)Unity
PCからスマホまで幅広いプラットフォームに対応し、本格的な3Dアプリが作成可能なゲームエンジン

(*3)Cocos2d-x
iOS、Androidのアプリを同時に作成できる2Dゲーム開発用フレームワーク

(*4)LTV(Life Time Value)成果測定
アプリ内の課金地点などをSDKを用いて測定する機能であり、顧客が取引期間を通じて企業にもたらす利益のこと

今後も皆様の要望に応えられるよう新機能を追加していきたいと思います!




広告システムについてのお問い合わせやご相談、パッケージ製品の詳細はこちらからどうぞ。
http://admage.jp/
アプリ計測SDK admage for Appのお問い合わせ・詳細はこちら。
http://apptizer.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*