今Googleが推している「AppIndexing」って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちはYakoo!です。
私は日差しに弱く、油断していると溶けてしまうので、どのような道順で進めば太陽に当たる時間を最小限に抑えられるかを常に考え続けながら日々を過ごしております。

さて、6月よりiOSにも対応をした*1
GoogleのAppIndexingですが、そもそもどのような技術なのか分からない方も多いかと思いますので簡単に説明させていただきます。

*1 ウェブマスター向け公式ブログ

今Googleが推している「AppIndexing」って何?

【AppIndexingとは?】

ウェブサイトのページを、スマートフォンアプリ内の特定のコンテンツに結びつける事により、スマホブラウザでGoogleより検索した検索結果からwebページではなく、アプリ内のコンテンツへ直接遷移させるディープリンク技術の1つとなります。
例えば、クックパッドアプリがアプリ内にインストールされている状態でGoogleで「なす入り納豆とろろそば」と検索します。
すると様々なwebページが一覧で表示されるかと思いますが、もしクックパッドのページにアクセスした場合、検索結果からクックパッドアプリに直接アクセスすることが可能です。

クックパッドアプリがアプリ内にインストールされている状態でGoogleで「なす入り納豆とろろそば」

参考:Introduction to App Indexing

【なぜ今盛り上がってきているのか?】

AppIndex自体は2013年10月に初めて発表され、日本では2014年6月に公開していたのですが、なぜ今盛り上がってきているのでしょうか?それには2つ理由があると考えられます。

<1.様々な機能拡張及びiOS対応>

公開当初はGoogleより選ばれたごく一部のAndroidアプリへ紐付けが行われ、Googleアカウントにログインしているユーザが検索された場合にのみ適応された機能だった為、あまり拡大されることはありませんでした。
現在では機能拡張により、ログインの有無に関わらず、どのAndroidアプリでも利用出来るようになり、それに併せて条件はあるもののiOSのサポートも開始したため拡大を続けています。

<2.AppIndexingがSEOに影響する>

Googleは、2015年4月21日よりモバイルフレンドリー(スマホに最適化されたwebページ)であることを検索結果に表示させるだけでなく、検索結果に上位表示されるための、ランキングファクターとして用いることを発表し、その要素の一つにAppIndexingの設定も含まれることも併せて発表しました。(Finding more mobile-friendly search results
Webページとアプリの両方を展開しているメディアにとって、実装していないだけで表示順位が下がってしまうのは避けたい為、実装の優先度を高め進めていっております。

【AppIndexingの効果】

アプリをインストールしているのに、結局ブラウザからWebコンテンツを見てしまうといった経験がみなさんもあるかと思いますが、AppIndexingを実装することにより、アプリの休眠ユーザに対する導線を確保し、アプリのリテンションを高める効果があると言われています。また、現在では端末にアプリをインストールしていないユーザが検索した場合は、アプリインストールへ誘導することも可能となっており、新規ユーザ獲得においても効果を発揮します。
2015年4月に開催された「Google Developers Summit Tokyo 2015」ではAppIndexingについてのセッションもあり、2つの事例を聞くことが出来ました。
事例1:食べログ
5週間後、アプリの店舗ページのPV数9.6%増加
事例2:クックパッド
アプリ経由の新規ユーザー15%程度増加
このような効果も発揮しているとのことです。

しかし、メリットばかりではなく、課題もあります。

  • アプリに手を加える必要がある
  • 導入にはコンテンツに対応したウェブページが必要
  • アプリのアクセスが増えwebページ単体でのPV数が減ってしまう
  • アプリとwebで開発チームが異なる場合、調整に多くの工数が必要となる
  • ユーザビリティへの影響

これらの課題の対策として、Google側も少しでも実装に関するハードルを下げられるよう開発を進めているとのことです。

いかがでしたでしょうか?
実装に関してはGoogleのサポートページに詳しく書かれておりますので、スムーズに実装出来ます。
今後、よりAppIndexingが拡大することを考えると、少しでも早く手を打ったほうがよいかもしれません。
ちなみに私は「ウェブマスターツールってなんぞや??」から調べたので少々手こずりました…




広告システムについてのお問い合わせやご相談、パッケージ製品の詳細はこちらからどうぞ。
http://admage.jp/
アプリ計測SDK admage for Appのお問い合わせ・詳細はこちら。
http://apptizer.jp/

こちらもどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*