広告出稿時の入札方式と利用ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!
Facebookページも担当している新人の山岸です。

前回はFacebook広告出稿時のターゲティングに関して記述しましたが、
今回は広告の出稿時の入札方式の概要紹介から、実際にFacebookではどのような目的の広告出稿の際に利用しているか記述してみます。

20140129

ところで、インターネット広告の掲載料金はどのようにして発生しているのでしょうか?

インターネット広告では、インプレッション・クリック・成果などの、広告効果を見るための指標が存在します。
これら3つに対して料金が発生するため、それぞれを単位とした入札方式が存在します。

では、どのようなものなのか、又それぞれどのタイミングで使うべきなのでしょうか?

【インプレッション単価方式(CPM)】

<概要>

CPMと呼びます。CPMとは“Cost Per Mille”の略です。CPMの「M」は、ローマ数字で1000を意味する「M」、あるいは、その由来となったラテン語で1000を意味する「mille」から来ています。
つまり、1000インプレッションあたりの広告単価という価格形態です。
掲載1000回あたりの料金に掲載対象ページの閲覧数を乗じて1000で割ったものが広告掲載料金となります。

<使用広告例>

・記事広告
・動画広告

インプレッション単価方式はFacebookの「投稿の『いいね』を増やす目的」で広告出稿する場合適切だと考えます。
この方式で行うと『いいね』をしてくれそうな予算内で出来る限り多くのFacebookユーザーへ広告配信を行うからです。

【クリック単価方式(CPC)】

<概要>

CPCと呼びます。CPCとは“Cost Per Click”の略です。
クリック1回あたりの料金となります。
CPCは配信規模や掲載方式などによって異なり、キーワードによっても大分変わります。

<使用広告例>

・テキスト広告
・バナー広告
・検索連動型広告

クリック単価方式はFacebookの「サイトの訪問数を増やす目的」で広告出稿する場合適切だと考えます。
統計的にクリックがされやすい広告配置で広告配信を行うからです。

【成果単価方式(CPA)/成果報酬方式(PPA)】

<概要>

顧客獲得(acquisition)一人あたりの支払額となります。もしくは、何らかの成果(action)一件あたりの支払額となります。
“Cost Per Acquisition”の場合は、掲載した広告を経由してサイトを訪れた人が商品を購入したり有料会員登録をするなど新規顧客の獲得に結びついた場合に、その人数あたりの費用を指します。
“Cost Per Action”の場合は、広告を経由して訪れた人が会員登録や資料請求、商品の購入など予め定められた何らかの「成果(行動)」を起こした場合に、その件数あたりの費用を指します。
また、いずれの場合も、あらかじめ成果一件あたりの単価を設定し、期間内に上げた成果の分だけ広告掲載メディアに支払いを行う広告掲載方式があり、PPA(Pay Per Action/Acquisition)広告、成果報酬型広告、アフィリエイト広告などと呼ばれます。

<使用広告例>

・バナー広告
・テキスト広告
・検索連動型

使用広告はクリック単価方式の使用広告例と似ていますが、上記で述べたように金額が発生するタイミングが違います。
Facebookでは成果単価方式で入札することはできず、広告レポートで成果単価を計測することができます。

このように入札方式によって金額の発生ポイントや金額の使用ポイントが変わります。
そしてそれぞれ使うべきタイミングも変わってきます。

Facebook広告で出稿する際の入札方式も記述しましたが、目的が違えば利用する際の適切な入札方式も変わってきます。
私は実際に広告出稿する際、目的を変える度にいくつかの入札方式を試します。
その結果から、入札方式別の成果単価を比べて、最終的にどの入札方式が適切か決定しています。

広告出稿は広告内容、ターゲット、入札方式…どれも適切なものは最初から確定していません。
実際に試してみて、データから改良を重ねていくことで最適な出稿方法が見つかるのではないかと思います。




広告システムについてのお問い合わせやご相談、パッケージ製品の詳細はこちらからどうぞ。
http://admage.jp/
アプリ計測SDK admage for Appのお問い合わせ・詳細はこちら。
http://apptizer.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*