タグマネージャー搭載のプレビューモードとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちわ、ADMAGEユニットのほむらです。

Googleタグマネージャでの実装からだいぶ時間が経ちましたが、2014年2月よりYahoo!タグマネージャーにプレビューモードが新規搭載されました。
いつの間にか搭載された機能で、認知度がかなり低いと思われるのでこちらで紹介させていただきます。(「タグプレビューガイド」参考)

【プレビューモードのメリット】

タグのステータスで追加された「プレビュー」を選択すると、「プレビューモード」をアクティブにしている「ログインユーザ」のみそれぞれのタグ実行が可能です。
これにより、タグをアクティブにする事なく、タグの動作確認ができるようになりました。

20140407_1
図1:Yahooタグマネージャープレビューモード(オンにするとプレビューモードに切り替わります)

Yahoo!社が従来紹介していたテスト手段として、タグをアクティブにし、発動条件に「test=TEST_FIRING」等といったテストパラメータを付与する方法がありました。
例えば「http://admage.jp」がテスト対象として、「http://admage.jp?test=TEST_FIRING」とした場合にのみ、タグが動作する…と言った具合です。この方法は非常にわかりやすい半面、パラメータが人為的に付与できないページ(SSLページなど)でテストが実施できない、という弱点がありました。例えばECサイトにおけるカートページやCVページでのテストです。プレビューモードはこの弱点を克服しています。
動作原理としてはURLパラメータではなく、Cookieを見ることによってタグ動作の判断をしているようです。このプレビューモードにより、如何なるページでもオン・オフの切り替えのみで簡単にテストを実施する事が可能になりました。

20140407_2
図2:Cookie(プレビューをオンにすると「btp」という名称でCookieが付与されます。付与されている間、タグ実行が可能になります。オフにすると消失します。)

【プレビューモードの限界】

しかしながら、プレビューモードにも限界があります。
プレビューで検知できるのはあくまでも「タグの実行回数」のみであり、実際にどのようなHTTP通信がタグからサーバへ飛んでいるかテストすることができません。
実行はされているものの、パラメータを拾っていなかった、誤った文字列を送信してしまっていた…ということがあり、そのまま本番化してしまうと事故に繋がります。
そうした事故を未然に防ぐために、プレビューでタグ実行を確認しつつ、ブラウザツールで通信内容を確認することを強くオススメします。HTTP通信の中身を確認する方法はブラウザごとでいくつかありますが、Chromeのデベロッパツールが便利でオススメです。

以下の通り、タグマネジメントツール上(以下のキャプチャはGoogleタグマネージャの管理画面より)で設定したタグ固有の情報(例えばIDやラベルなど)をチェックしておきます。

20140407_3
図3:タグ固有の情報

次にテスト対象ページ上で、右クリック→「要素の検証」にてデベロッパツールを開き、「Network」タブを選択します。
こちらにHTTP通信の内容がズラっと並びます。漏斗のようなアイコン(フィルタ機能になります)をクリックすると検索窓がでてきますので、IDやラベルの値を入力します。入力すると、これらの値を含むHTTP通信がフィルタされます。ヒットすれば、管理画面で設定した値が実際に通信に乗っていることが確認できます。

20140407_4
図4:要素検証>Network(ヒットした部分は黄色くハイライトされます)

【終りに】

タグの動作確認はテクニカルな要素も多くできる限り簡易的に行いたい作業ではあります。それ故にプレビューモードが搭載されていくわけでありますが、確実にテストをするには地道にHTTP通信内容を確認していく以上の方法は今のところないような気がします。ご参考になれば幸いです。





広告システムについてのお問い合わせやご相談、パッケージ製品の詳細はこちらからどうぞ。
http://admage.jp/
アプリ計測SDK admage for Appのお問い合わせ・詳細はこちら。
http://apptizer.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*