アドとターゲティングの女王

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どうも。粟飯原です。
ターゲティングの女王(広告配信をする上で的確にターゲティングをし、成果を上げる人物)になり、その才能をありのままに発揮したいものです。
ですが、その姿は俗世には隠しているので、地道にターゲティングしてみたりしながら、広告を運用して唸っています。

Googleディスプレイネットワークに広告を出稿してみてはや5ヶ月程度。
私がそれで生み出したのはたったの22クリックでした。歴史的大敗です。

【ディスプレイネットワークの特性】

出会ってその日に婚約を決めるのは、相手の知らない部分が多すぎて危険です。まず、相手を知りましょう。
本日のお相手はディスプレイネットワークさんです。まずその特性を知らなければお話になりません。

Googleディスプレイネットワークは設定がたくさんあり、何からしてよいかわからない、設定が分からない、という方も多いと思います。
何を隠そう、私がそのうちのひとりです。

[ディスプレイネットワークの長所]

・配信先が非常に多い
・プレースメントやキーワードで配信制御できる
・ターゲティングが可能(リマーケティングなど)

[ディスプレイネットワークの短所]

・配信先が非常に多い
・用途にあった広告で無いと効果が出ない

どうでしょうか。
長所と短所は表裏一体ではあります。要は使い方・使い所が大切ということです。

【リマーケティングとキーワード】

ディスプレイネットワークのターゲティングには種類があります。
今回は私が利用しているリマーケティングとキーワードについてお話します。
リマーケティングとは、GoogleAdWordsでのリターゲティングのことです。サイトに訪問したことがある人に絞り込んで配信をしたい場合などに有用です。
キーワードはそのとおり、キーワードに関連したサイトに絞り込むということです。

[今までの運用]

私はキャンペーンにリマーケティングの設定をしていました。
ちなみに今回は、ADMAGEという製品のホームページに訪問したことがある人へのターゲティングです。URLはhttp://admage.jpです。どうぞアクセスしてみてください。
・・・冗談は置いておきましょう。

このキャンペーンには、更にキーワードも設定していました。
ディスプレイネットワークにキーワードを設定した場合、配信先サイトがキーワードによって絞りこまれます。サイトのテーマとキーワードがマッチした場合に、その広告が配信されることになります。

つまり、キャンペーンAでは2つのターゲティングを併用して行っていた状態です。
図にするとこういう状態。

リマーケティングとキーワード
図1.リマーケティング×キーワードでのターゲティング状態

既存ユーザーかつキーワード「XXX」にマッチするサイトに訪問するユーザーに絞り込んでいます。緑になっているユーザーです。
逆に、既存ユーザーであっても、キーワード「YYY」や「ZZZ」のサイトを見ているユーザーにはリーチ出来ません。同様に、キーワード「XXX」を見ていても、新規ユーザーであれば、広告配信対象にはなりません。

【正解の広告】

何がその商品やサービスなどにとって、最良の広告であるか。
もちろんそれが分かるのであれば、苦労はしないと思います。トロールにアドバイスを貰いたいですが、あいにくトロールの知人がおりません。
ですが、分からないなりに考える必要があります。

例えば、admage.jpはサイトの訪問者数がさほど多くありません。つまり、既存ユーザーをターゲットにすると、それだけでかなり絞りこまれます。
その上、キーワードを絞り込むと、それがどんなに大きなキーワードであろうと意味はありません。この場合、既存ユーザーの数が配信対象の天井になるのです。
例えば、対象キーワードのサイトが100000件あっても、admage.jpに訪問したことがあるのが3人なら、配信対象は最大で3人です。この3人が対象キーワードのサイトを閲覧しない場合ももちろんあります。

しかし、かなりアクセス数の多いサイトであれば、このようなクロスターゲティングの配信も効果的です。
製品やサービスの種類がいくつもある場合、サイト訪問×キーワードでしぼり込むことで、より効果的なユーザーに対して配信ができます。

admage.jpのようなサイトの場合、リマーケティングならキーワードは不要かもしれません。限られたユーザーが訪問するページなので、そのユーザーに対してリターゲティングができるので、十分です。
あるいは、リマーケティングではなく、キーワードのみでのターゲティングも有用です。
想定できるキーワードに興味のある新規ユーザー獲得の可能性があります。

ちなみに、私が面倒を見ているアカウントでは、上記のようにターゲティングの方式を分けた結果、impが193→11500に増加しました。
広告に正解はありませんが、正解に近づけるため、日々考えつつ運用しましょう、という話でした。考えて試しながら運用していけば、少しも怖くないわ!





広告システムについてのお問い合わせやご相談、パッケージ製品の詳細はこちらからどうぞ。
http://admage.jp/
アプリ計測SDK admage for Appのお問い合わせ・詳細はこちら。
http://apptizer.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*