iOSアプリ64bit版に対応する

ADMAGEユニットの小林です。

iOS8がリリースされました。
いろいろ話題になったアップデートでしたが、開発者にはすでに次のイベントが待っています。

iOSアプリ64bit版に対応する

続きを読む

スマホアプリからクラッシュ撲滅!

こんにちは、エンジニアのほむらです。

当社ではADテク周りのアプリケーション開発とともに、最近は自社サービスとしてスマホアプリも開発・運用をしております。
自分も自社サービスのアプリに携わっています。アプリを運用していて感じるのは、当社が提供しているツールも含めてアプリマーケティングに関わる手法・ツールは多々あれど、「アプリはクラッシュしない」ということが何よりマーケティングに大切なことだと感じています。

続きを読む

画像広告と動画広告

お客さんの顔色を伺いながらズルズルと微妙なネタを続けるタイプのピン芸人が好きなクロです。

画像広告(バナー広告など)と動画広告を比較して、思うところを書いてみたいと思います。

なお、ここでは動画広告をWEBページやアプリの広告枠に埋め込まれている動画の広告のこととしてお話します。
動画サイト等で、コンテンツ動画に挟みこまれる形で再生されるインサーション型の広告は別の機会でお話できればと思います。

画像広告と動画広告

さて、日本ではまだまだ少ないと言われている動画広告。
海外で多いからと言って日本でも増えないといけない理由は何もないですが、選択肢が増えるということは良いことですね。
とはいえ画像広告と比べるとコストが高い動画広告を選択するためには、それ相応のメリットがないといけません。

広告の形として動画広告を選択するのはどんな時でしょう。
それを考えるために、画像広告と動画広告を比較しながら話をしてみたいと思います。

続きを読む

知ってるつもりのSSP、DSP、DMPおさらい

ADMAGEユニット 2年目の別所です。

皆さん突然ですが「SSP」「DSP」「DMP」って聞いた事ありますか?

ネット広告業界に身を置く方なら、昨今これらの言葉を幾度となく聞いているかと思います。
ただ、どれも言葉が似ている(この業界は本当にアルファベット3文字の単語が多い。。)こともあり、それぞれどういう特徴があり、どういう仕組みなのかいまいち分からないという方も多いのではと思います。

今回は、これらについて簡単に説明したいと思います。

続きを読む

Google Play Servece SDKを使ってAndroid端末の広告ID(Advertising-ID)を取得する

こんにちは。YAMAです。

2014年8月1日よりGoogleの規約が変更され、アプリ内でAndroid端末のIMEIやAndroidIDを取得することがNGとなります。その代わりに広告IDを利用する必要があります。
既にGoogle Playに登録されているアプリは大丈夫なのですが、今後新規登録やアップデートする際にチェックされることとなります。

Androidの広告IDを取得する方法などについて、私自身いろいろ調べたのですが、あまり日本語の記事は見かけず、そもそもAdvertising-IDで検索するとほとんどがiOS関連の記事ばかりでした。
そこで今回は、Android端末から広告ID(Advertising-ID)を取得するときの設定方法や注意点などについて私の経験から記載しようと思います。
同じような悩みを持たれている人にとって、解決の糸口になれれば幸いです。

続きを読む

私の頭の中のキックバック

ADMAGEユニット所属2年目なりたてのAMです。

今回は、私が扱っているアフィリエイトシステムで使用されているキックバックについて書いてみようと思います。
過去に書いた記事を前提とした内容にもなっています。
アフィリエイト広告の基礎を学ぶ
アフィリエイト広告とセッションIDのオイシイ関係
アフィリエイトとパラメータと、時々、セッションID

続きを読む

Linux チューニング観点 ~ファイルディスクリプタの落とし穴~

こんにちは、佐野です。

広告システムを運用してると当初予想していたよりもトラフィックが増大したり、データ量が増大したりして、パフォーマンスを向上しないといけない場面に出くわします。

普及しているLAMPでも、apache, mysql, phpなどにそれぞれチューニングする観点はありますが、今回はLinuxに焦点をあてます。

Linux チューニング観点~ファイルディスクリプタの落とし穴~

エラーログなどで「too many connection・・・」などのエラーが出力されることがあります。
単純にapacheなどのmaxclientの設定ということもありえますが、ファイルディスクリプタの上限である可能性もあります。

続きを読む