要約統計量を用いて、データの全体像を把握しよう

こんにちは。ゴスペル・クワイアの堀本です。
「アメイジング・グレイス」以外にも、たくさん素敵なゴスペルがありますので、機会がありましたら是非ゴスペル聞いてみてください。

本日は、要約統計量について話したいと思います。
これを知っておくと、データの全体像を把握する上で役に立つかと思います。

続きを読む

Google Web Designerとは何ができるのか

どうも。デザインするものが全てちょっとだけダサくなる粟飯原です。

私は画像作成やイメージ作成などにphotoshopを使っているのですが、最近社内で使ってはいけないことになったので、少しいじけています。

仕方ないので、Google Web Designerを使ってみることにしました。
イケてるツールを使えばイケてるものが作れるという幻想を捨て切れません。

続きを読む

MongoDBを使ってみる

AMです。

現在の業務では、NoSQLを使ったほうが良いという場面に遭遇したことはないのですが、自分が知らない技術を知りたいと思い、まずはNoSQLの勉強の第一歩として、記事を書きました!
内容は初歩中の初歩ですが、NoSQLという名前しか聞いたことがないよという方に、NoSQLとはどんなものか少しでも知っていただけると幸いです。

※前回の記事はこちら→ NoSQLを調べて使いたい

こちらの記事を書いた際に、KVS型か列指向型かを書くと言いましたが、葉っぱのマークが素敵なMongoDBを選択しました。
MongoDBはドキュメント指向型です。

MongoDBを使ってみる

続きを読む

今更ながらGoogleAnalyticsのリアルタイムデータを取得してみた

目下新米修行中のsです。
GoogleAnalyticsのリアルタイムデータログを取ろうとしてGoogle先生に訊いたらあんまり答えが返ってこなかった私のような方のために記載します。

【やること】

GoogleAnalyticsにはデフォルトでレポート出力機能がついています。
が。
今回やりたいことは、
「分単位でのアクティブユーザーログをとる」
です。

GoogleAppsScript(Googleが提供しているAPI)を利用して、Googleドキュメントのスプレッドシートにアクティブユーザー数を一定期間に取得してみようと思います。
Realtime API

続きを読む

NoSQLを調べて使いたい

将来、大規模なデータを扱うことを想定していても、実際に遭遇した時、何もできないのが目に見えるA.Mです。
今回は大規模なデータを扱うことに長けているNoSQLについて調べたので、書きたいと思います。

続きを読む

PowerPointとTeXの連帯について調べてみた。

こんにちは。最近、ペンギンの魅力に気づき始めた堀本です。
すみだ水族館の年間パスポートを買おうか、本気で検討中であります。

さて、本題に戻ります。この前数式を多く含んだ資料を作る機会がありました。
その際、特に制限がなければ「TeX」を用いて作るのですが、「PowerPointを使って作ってほしい」という要求がありました。

挿入→オブジェクト→Microsoft数式3.0
「挿入」->「オブジェクト」->「Microsoft 数式 3.0」
から、数式を挿入しても良いのでしょうが、

  • TeXに比べて数式が美しくない(気がする)
  • 長い数式をGUI形式でポチポチ作るのが面倒

ということで、TeXで作った数式を使うにはどうしたらよいのか、調べてみることにいたしました。

続きを読む

Lisp、はじめました。

おはようございます、s-tomoです。
最近Lispを勉強し始めました。
最強言語使えないのはプログラマとしてどうなのかしらん、ということで始めました。

Lisp、はじめました。

取り敢えずの感想、S式楽しいですね。

続きを読む